抜ける前からのヘアケア

ブラシ

シャンプーを変えてみる

抜け毛の量が増えやすい秋口からのヘアケアによって、発毛促進に繋げることに期待ができます。夏の時期は、頭皮や毛髪に対して紫外線の影響が特に現れやすい時期ですが、夏バテによる栄養不足なども薄毛に関係しています。汗を流す分だけミネラル補給は必須ですし、皮脂の分泌も過剰になるために毛穴詰まりから抜け毛を起こし、薄毛を加速させてしまいます。1日の抜け毛の本数は健康な頭皮環境であっても50本から100本程度は抜けているのもヘアサイクルの特徴の1つです。改善させるにも発毛を促すにも、髪と頭皮の環境を健康へと導く必要があり、洗髪がカギとなります。フケ・かゆみ・ベタつく頭皮環境の場合には、現在使用するシャンプーが合っていない場合があり、紫外線による夏の影響を受けているため、アミノ酸シャンプーへと変えてみるのも1つの手段です。アミノ酸は髪を育むためのタンパク質を構成する重要な成分で、アミノ酸で洗うことによって髪を育てる土台となる頭皮を健やかに保ちます。

ブラッシングで対策

抜け毛や薄毛対策のためにはヘアケアの見直しを図ることや、場合によってはヘアサロンや医師への相談などもコンプレックスを改善させるには適しています。カバーしたい悩みには自然に魅せるフル・部分ウィッグなどもあり、ストレスとなるほどに深く悩み過ぎないヘアアイテムを使用するのもテクニックの1つです。また、抜け毛や薄毛はブラッシングによっても発毛促進に繋げることができ、ヘアブラシ・育毛スプレーによるヘアケアは手軽さからも人気です。ですが、ブラッシングでは静電気が発生しやすく、頭皮に刺激を与えたり絡みやすく、ブラシ本体の刺激も負担になりやすい特徴があります。ブラシの先端が丸く、柔らかな馬毛や豚毛など、クシ通りの良いブラシが人気です。健康な髪を抜かないため、静電気防止となる機能性で選ぶ方も増えています。